北米

RMB2014: Milkie, Fairway

Milkie 種牡馬頭数2頭、種付け総数9頭。 Mahmoud直系のパロミノ系統です。Cleverly Concealedはクレメロとされています。Paying Forwardは詳細不明です。 サラブレッドの競走に使われるのではなくショウホースとしての生産目的です。Cleverly Concealedにし…

RMB2014: Hampton, Himyar

Touchstoneの直系を継承する父系ということでまとめさせてください。 Hampton 種牡馬頭数2頭、種付け総数49頭。 この直系は北米では弱く、Hyperion直系のMr. Napper TandyとAcatenangoの仔であるMusketierの2頭の種付けが報告されました。Mr. Napper Tandyは…

RMB2104: St. Simon

St. Simon 種牡馬頭数29頭、種付け総数270頭。 北米におけるSt. Simon直系はRibotの末裔が最大勢力で、その他にMeadowlakeを出したPrincequilloの直系が勢力を残しています。 傍流としてはBois Rousselの直系であるDamon Warlock及びWild Riskの末となるExpr…

North America Report of Mares Bred 2014

2014年版もざっとやったので記事にします。 とりあえずGoogle Driveにて作成したスプレッドシートを公開。 Report of Mares Bred 2014 このデータを元に去年同様見ていくわけですが、1年でそうそう大きな変化があるわけでもないので、同じような内容になりま…

Lane's End Stallion Roaster 2015

年内に間に合わせたですよ。 放出や種牡馬引退が多いのに新規加入は一頭のみとなっており、来年のロースターはやや種牡馬の数を減らすことになります。とはいうもののNoble Missionとはまあえらいものを引っ張ってきましたねと言える種牡馬ではあります。 St…

BCですの

随分と間を空けてしまいました。 何となく忙しいのにかまけて凱旋門賞もTwitterでだらだらやっていただけに終わっています。存外にリツイートされたコメントもあったので掘り下げて書いた方が良いかなという気もしたのですが、下書きすら作らないまま1ヶ月が…

2013年の北米種牡馬集計から

アメリカジョッキークラブが公開しているReport of Mares Bredをネタにして2月から公開してきた記事のまとめです。 Report of Mares Bred North America 2013 (Google Document) 概要 Nasrullah part 1 - A.P. Indy Nasrullah part 2 - Bold Ruler, Caro Nas…

RMB 2013: Minor Lines - Buckpasser, Damascus, Ack Ack, Holy Bull, His Majesty and the rest

Buckpasser 種付け総数232頭、種牡馬頭数19頭。 Montbrookの後継種牡馬がある程度数字を確保していますが、ケンタッキーにはおりません。ケンタッキーにはSpend A Buck産駒のEinsteinがいる程度で、他はフロリダなど各地に散っています。複数のラインで残っ…

RMB 2013: In Reality - Tiznow and Relaunch

RelaunchからTiznowに至る本線が強いのですが、それぞれの傍流もまだそこそこの数字を持っています。 Relaunchを除いたIn Realityで種付け総数277頭、種牡馬頭数22頭。 Valid AppealからSuccessful Appealというラインが残っています。 10頭以上の種付けを行…

RMB 2013: Native Dancer expect Mr. Prospector

Mr. Prospector以外のNative Dancer直系ではRaise A Nativeから代を経たMaria's Monが一定の勢力を確保しています。またAlydarはEasy Goerの直系からLion Tamerが出ているのとカリフォルニアのBenchmark一派が残っています。 Raise A Nativeを通らないもので…

RMB 2013: Mr. Prospector part4 - Afleet, Kingmambo, Carson City and Others

Afleet 種付け総数307頭、種牡馬頭数10頭。 AfleetからNorhtern Afleetを経てAfleet Alexという流れがほぼ確定している印象です。Afleet Alexの次はこれからということになるでしょう。Afleet Alexの次というのはまだ出てきていませんが、Dublinがニューヨー…

RMB 2013: Mr. Prospector part3 - Smart Strike, Street Cry, Seeking The Gold and Gulch

Smart Strike 種付け総数698頭、種牡馬頭数16頭。 Smart Strikeには2013年の時点でまだ孫世代の種牡馬が存在しません。Smart Strike自身が現役の種牡馬ということもありますが、当初の評価が低く後継種牡馬としての期待を受けるような産駒が最近になって現れ…

RMB 2013: Mr. Prospector part2 - Gone West and Forty Niner

Gone West 種付け総数1882頭、種牡馬頭数82頭。 Speightstownが成功している反面、かつて人気を集めたMr. GreeleyからEl Corredorというラインは失速感が隠せません。Smarty Jonesは種牡馬として期待に応えられていませんが、Elusive QualityからはQuality R…

RMB 2013: Mr. Prospector part1 - Fappiano

Mr. Prospector系の主流となっているのはFappianoとGone Westのラインです。FappianoはUnbridledのラインが中核をなしていますが、それ以外からもCandy RideやMidnight Luteを出すなどしています。Gone WestはSpeightstownが大きな集団になっていますが、か…

RMB 2013: Northern Dancer part4 - Others

その他のNorthern Dancer NijinskyはClassic Alliance、Royal Memory、Royal Strandが10頭を超えていますが、どの種牡馬も20頭には届きませんでした。その他少数の種付けを行う種牡馬が残っていますが、北米においては父系としてはほぼ終わりが見えてくる状…

RMB 2013: Northern Dancer part3 - Sadler's Wells, Dixieland Band and Nureyev

Sadler's Wells 種付け総数1242頭、種牡馬頭数29頭。 北米のSadler's Wells直系は長くEl Pradoが孤軍奮闘していましたが、ここにきて急速に人気を高めています。一つにはそのEl Prado父系の人気が高まったことで、Medaglia D'Oroが種牡馬入り初期から成功し…

RMB 2013: Northern Dancer part2 - Deputy Minister and Danzig

Deputy Minister 種付け総数1572頭、種牡馬頭数79頭。 100頭を超えているのはSpring At LastとGhostzapperのみ。大きな勢力を保っているのはそれぞれ後継を有するSilver DeputyとAwesome Againの二本でそれ以外は小粒化しています。 Silver Deputy Spring At…

RMB 2013: Northern Dancer part1 - Storm Cat

Northern Dancerも発展しているところと衰退しているところがはっきりしています。Storm CatとDanzigのラインは発展していますが、Deputy Ministerのラインは近年停滞から縮小に向かっている印象を受けています。またNijinskyなどかつてNorthern Dancer直系…

RMB 2013: Nearctic - Icecapade

NearcticはほぼNorthern Dancerとなりますが、Icecapadeも少し残しています。Icecapadeの系統はWild AgainとClever Trickに分けられますが、Wild Againが優勢です。Phone Trickの直仔が苦戦しているClever Trickはもう厳しいでしょう。Wild Againにしてもケ…

RMB 2013: Turn-to - Halo and Roberto

北米ではHail To Reasonの父系が発展しましたが、現在は集約されてHaloとRobertoが残ります。この2頭に次いで有力だったStop The MusicはCure The Bluesを得たのですが、その後が続かずCountdown to Extinctionですね。Incurable Optimistがアルゼンチンにい…

RMB 2013: Nasrullah part3 - Blushing Groom and Others

Blushing Groom 種付け総数563頭、種牡馬頭数29頭。 北米のBlushing GroomはRahyが上級の種牡馬として存在し、またRunaway GroomからCherokee RunというラインとMt. Livermoreのラインが土着的に発展していましたが、Rahyに有力な後継種牡馬はなく、Mt. Live…

RMB 2013: Nasrullah part2 - Other Bold Ruler and Caro

Bold Ruler A.P. Indy以外のSeattle SlewとしてVindicationの後継種牡馬が出てきています。その他Yes It's Trueが出たRaja Babaが残ります。 一方Secretariatの直系で種付けが10頭を超える種牡馬は出ていません。 カナダで産駒が活躍したBold RuckusからはTr…

RMB 2013: Nasrullah part1 - A.P. Indy

北米のNasrullah直系でまとまった数を持っているのはCaro直系、Bold Ruler直系、Blushing Groom直系です。中でもBold Ruler直系から出たA.P. Indyの占める割合が大きく、Nasrullah全体としてもそのほとんどを占めていますが、Seattle SlewからはVindication…

North American Report of Mares Bred 2013

概要 アメリカのJockey Club*1が公開している去年の北米のReport of Mares Bred*2に血統情報を入れたので公開しておきます。 Report of Mares Bred North America 2013 (Google Document) サイトデザインがリニューアルされたらNumber of Mares Reported Bre…

Breeders' Cup Juvenile Winners

朝Blood-Horseを開いたら新年終了のお知らせがトップに来ていました。 New Year's Day Retired Due to Injury | BloodHorse.com 左後脚の種子骨に骨片が確認され、Hill 'n' Daleで来年から種牡馬入りが決まりさっさと引退です。父Street Cryの産駒は種牡馬と…

Lane's End Stallion Roaster 2014

来年のLane's Endの種牡馬ラインアップ。Smart Strikeを10万ドルの大台に戻してきましたが、あと何年続けられるかというところには来ていますし、その次の大物がどうも出てこないという印象を受けます。 StallionSire2014 Fee2013 Fee2012 Fee2011 Fee DamCh…

30年目のブリーダーズカップ

前日になって30回目の記念となる開催がキャンセルされるとは驚きました。 BC中止のお知らせ そういったわけでRon様世界線において今年のBCは中止となりました。 おわり。 …いや、このニュースを見たときには真っ白になりましたよ。Ron The Greekが負けること…

30th Breeders' Cup @Santa Anita Park

30回目のBreeders' Cupになる今年は例年以上にBCの歴史を振り返る的な特集が多くあって楽しませていただきました。久しぶりに事前に出走馬などチェックしていましたので、その辺をだらだらと。 今年は去年に続いてSanta Anitaでの開催。来年の開催もSanta An…

The Last Son of Clear Mandate got a Juvenile Grade 1

9月2日に開催された今年のSaratoga開催の幕を引く2歳G1 Hopeful SでStorng Mandateが勝ちました。当日は水の浮いた馬場状態でMuddyという発表でしたから、9馬身差という着差をそのまま評価することはできませんが、BC Juvenileへの切符を掴んだのは良かった…

Report of Mares Bred 2012

id:highriseさまからidコールを受けたので反応してみる。 ネタ元はJockey Clubが発表するデータですが、それをベースとしたBlood-Horseの記事から見ていきます。 Report Shows Breeding Steadied in 2012 | BloodHorse.com この数年真面目に見ていなかったの…